カテゴリー別アーカイブ: <よこおえいこブログ>

桜・2020の制作(3)

桜・2020の大下図の進行状況です。あと2枚で上半分の下図が完成ですが、桜の花の量がまだまだ足りないので、描き足していくつもりです。

枝は新宿御苑にある桜の木を参考にしています。新宿御苑にある桜の木は、年数が経ったためか、意図的に作ったのか、八重桜もソメイヨシノも枝垂れた枝を持つものがあります。今回はソメイヨシノが枝垂れて咲いている姿を描くつもりです。

 

桜・2020の制作⑵

大下図を描きながら本画の下地作りを始めました。

20181015_040853522_iOS雲肌麻紙をパネルに水張りします。

20181015_041216057_iOS墨で下塗りします。

墨が乾いたら黒箔を貼っていきます。黒箔は銀を焼いたものです。20181015_222541485_iOS90×180センチの大きさパネルで、約120枚の黒箔が必要です。所々にある箔の張り残しは、大下図を写してから修復していきます。この状態の紙を16枚用意します。

 

桜・2020の制作

久しぶりの投稿です。

現在、縦3.6メートル、横7.2メートルの大きさで桜の絵を描いております。これから完成まで少しずつ投稿して行きたいと思います。今は大下図の4分の1を手掛けています。↑180 ×90センチの大きさので4枚分です。16枚描くと下図が完成します。

20180825_152612-1本画完成イメージはこんな感じです。

20180906_220928-1部分的にはこんな感じです。

20180828_020609身長180センチの人が立つとこんな感じです。

できれば、画面をU字型に曲げて、人を囲むように展示したいと考えています。

花の絵は風景画と違って、花そのものが大きな空間を持っていないのため、人を包み込む大きさに描くことで花の空間を演出したいと思っております。

 

 

 

二人展のお知らせ

5月15日~5月24日まで、秀山堂画廊にて二人展(戸島朋子・横尾英子)を開催いたします。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ。

以下、横尾英子出品作品です。

会場の様子です。

戸島朋子さんの作品もアップしました。

 

 

桃の花

桃の花を45×90cmの大きさで、焼箔の画面に描いてみました。

2017-桃-ピクセル変更
桃の花

桃の花のスケッチを始めて今年で3年目になりました。スケッチも少したまり始め、少し大きめの絵が描けるようになりました。あともう少し手を入れて、5月半ばから始まる2人展に出品する予定です。

 

 

桃の花

2月の中旬から山梨県笛吹市の石和へ、ハウスで桃の花を見せていただける「ハウス桃宴」に行って来ました。この季節、外でのスケッチは、長い間描いていると寒くて手が固まってしまいますが、ハウスでのスケッチは、暖かで風も無く、花も落ちにくくじっくりと描けて快適です。

2017桃の花スケッチピクセル変更20170223_145227-pikuseru

 

 

 

 

 

1月始めの新宿御苑

毎年鏡開きの11日前後に、新宿御苑へスケッチの下見に出かけます。まずは大木戸門から入って、サービスセンター前の寒桜がどんな具合に咲いているかを確認します。20170111_151454

今年もここの桜は気が早く、もうすでに3~4分咲きです。この桜は人気者なのと、少し高い位置に枝があるので「今年も会いに来たよ!!」とご挨拶だけです。

次に向かうのは、新宿門近くの蝋梅です。20170111_150856「ああ、今年もこんなに咲いちゃってる!!」と、毎年同じように蝋梅を見て慌てます。しばらく蝋梅のいい香りを楽しみながら、明日からどの枝をスケッチしようかと考えます。

そして次に向かうのは、お茶室近くの寒桜。途中、大きなユリノキを見ながら・・・↓20170111_152147毎年スケッチをする寒桜にたどり着くと↓20170111_143807まだまだのんびりと咲き始めていてくれて、これから満開になるまでには少し余裕がありそうと、毎年ここでホッとします。この木は大木の寒桜なのと、まだこの季節にはほとんど咲いていないので、ちょっとだけ手馴らしのスケッチをします。20170112_001949-115分ほどスケッチをして、気になる桜の木を眺めながら、去年桜に詳しい方に教えていただいた「市原虎の尾」という変わった名前の桜の木の枝を見に・・・20170111_152930このサボテンのような桜の木に、今年も美しい花が咲くのが楽しみです。↓去年の4月8日の写真です。2016itikawatoranooお団子を積み重ねたような枝の先端に、白い八重桜の花束がのっているかのようです。この枝のお団子1つで1年成長した跡なんだそうです。

その後、気になる木々にあいさつをして20170111_155501今年こそ琵琶の花のスケッチ(12月くらい)を忘れないようにしなければ・・・などとと考えながら、今年のスケッチ初め?と下見の1日でした。

 

 

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ
ソメイヨシノ

まだ制作に使っていない去年のソメイヨシノのスケッチで、描き初め?2枚目です。まだなんとなく描き足りないのですが、これから春にかけてソメイヨシノのスケッチができるので、花を愛でながらソメイヨシノの空気感を描き込んでいきたいと思います。スケッチをしてから時間が経てば経つほど、スケッチをしているときに感じた想いや感動が薄れて、どこか納得のいかない絵になりがちです。そんなときには、次の年にスケッチをしながら考えるようにしています。

 

 

白妙(桜)

白妙(桜)
白妙(桜)

今春のスケッチをもとに、白妙という名の桜の花を描きました。綺麗なウエーブを持つ、白い八重の美しい桜です。新宿御苑では人気の桜なので、なかなかスケッチが思うようにできないのですが、今年は開花がソメイヨシノと重なったので、運よくスケッチができました。この作品は、12月9日(金)〜17日(土)銀座 柴田悦子画廊 20周年記念後期展に出品する予定です。ご高覧いただけましたら嬉しいです。20161209_15195720年前の作品(上)最近の作品(下)それぞれの作家の新旧の絵が飾られています。

 

 

 

 

 

アジサイ

ホンアジサイの花を描きました。

今年の6月頃、高幡不動尊金剛寺で「ホンアジサイ」のスケッチをしてきました。今回はそのスケッチをもとに日本画の絵の具で描きました。

2016ajisai
アジサイ6号

高幡不動尊には、自然の中に咲くヤマアジサイやガクアジサイが250種類7500株もあるそうで、都内ではなかなか見ることのできない種類のアジサイがたくさんあります。

「紫陽花」という漢字表記は、唐の詩人白楽天(白居易)が「白氏文集」の中でライラックに付けた名を,平安時代に翻訳する際、勘違いしてアジサイにあててしまったという説があるそうです。日陰で咲くアジサイに対して「紫陽花」の「陽」という字は違和感がありますが、確かに日向で咲くライラックには「陽」という字がよく似合います。また「白氏文集」の中で白楽天は「紫陽花」を「色ハ紫二シテ気ハ香バシク」と記しているのだそうで、アジサイに香りはあまり無く、ライラックには香水に使われるほどの良い香りがします。

「紫陽花」はアジサイではなく、ライラックの名前であったという説に、なるほど!!と思うばかりです。

ライラック
ライラック

 

 

 

ソメイヨシノ 2016

なかなか思うように作品が仕上がらず、今回は久しぶりの投稿です。今春の新宿御苑でのスケッチを使って枝垂れて咲くソメイヨシノを描きました。新宿御苑の桜の木には、一般に言う枝垂れ桜(江戸彼岸桜)とは別に、枝垂れて咲く桜の木がたくさんあります。

2016 ソメイヨシノ 15号
2016 ソメイヨシノ 15号

来年5月に日本橋の画廊にて展示いたします。

 

 

 

林檎の花・スケッチ

先日、山梨にリンゴの花を描きに行きました。

リンゴの花はハナカイドウのように、1か所に4~5個の花をつけますが、中心に咲く1個の花は他より先に咲き、少し大きめの花をつけます。その中心に咲く花だけを残してリンゴの実を実らせるのだそうです。

20160423_191955
王林・林檎の花

王林の花は蕾が濃いピンク色ですが、咲き進むとだんだん白くなっていきます。花は少し丸っこい形で、花柄は大きな実をつけるだけあって、太くしっかりとしています。

20160423_191935
フジ・林檎の花

フジ林檎の花はうっすらとピンク色がかった蕾をつけ、花は真っ白です。林檎の種類によって、花の特徴も少しずつ違うようです。

山梨の路地物の桃の花はすでに終わりを迎え、リンゴの花も散り始め、藤の花が満開になり、あっという間に初夏に咲く花々の季節となりました。

 

 

八重桜・関山のスケッチ

新宿御苑の八重桜を華やかに彩る、濃いめのピンク色をした関山という名の桜が咲き始めました。

20160414_22043520160414_22041020160414_22041620160414_220338

関山が咲き始めると、新宿御苑での桜スケッチも、あともう少しで終了です。ソメイヨシノが散って八重桜が咲き始めると、不思議と雨や風の日が多くなり、今日も小雨が降っている中、傘を差しながらのスケッチでした。今日のような雨の日は、スケッチブックが湿ってしまうので、HBのえんぴつやシャーペンでは画用紙に線が描けないので、4Bや5Bの柔らかいえんぴつを使うとスムーズに描けます。でも、消しゴムが使えないので少し不自由です。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

雄しべが花弁化して完全な花びらになっていないものを、旗弁と呼ぶのだそうですが、この関山の雄しべも小さな花びらのようになっていました。旗弁

一葉の場合は、雌しべが葉化して葉っぱのようになります。一葉-2